顔に脂肪がつきやすい原因について

ダイエットして体はスリムなのに、顔には肉がついたまま・・・。
顔太りの原因についてお伝えしていきます。

 

原因1:表情筋

ひとり暮らしで人と話す機会が少なかったり、1日中パソコンに向かっている生活を送っている人の場合、「表情筋」を使う機会が少ないことが原因で顔太りが発生します。

 

表情筋が使われないと、筋肉も当然衰えて行くのでリンパの流れも悪くなり、血行も悪くなることから「むくみ」「たるみ」「しわ」「二重あご」「顔が一回りでかくなる」といったトラブルが発生しやすいんです。

 

表情筋も筋肉なので使わなければ衰え行く一方なので、人と積極的に話をする機械を作ったり、笑ったり、または筋肉を引き締めるエクササイズなどを取り入れる必要があります。

 

原因2:お肌の曲がり角・30代

若いころにはそれほど気にならない顔の筋肉たるみですが、年齢とともに筋肉は緩んでくるものなので、使わなければそれだけハリがなくなってしまい、その結果、たるみが生じてしまいます。

 

原因が「筋肉のゆるみ」だとしたら、一生懸命にダイエットをしても、残念ながら効果はありません。まずは自分のタイプを把握して、効果的な対策を実践していきましょう。

 

原因3:筋肉の低下

頬と顎の筋肉が低下すると「顔のしもぶくれ」が起こる原因に。耳の下から唇にかけてのラインを保つ筋肉と、唇の下から顎の下にかけての筋肉が衰えると発生します。表情筋をよく使うようにすることと、コラーゲンなどを積極的に摂るようにしましょう。

 

原因4:固太り

歯ぎしりをしたり、無意識に歯の食いしばりを行っていることで顔の筋肉が固まってしまい、輪郭が大きくなってしまう状態。この場合には、表情筋のトレーニングやフェイスマッサージで筋肉を解すようにしましょう。

 

原因5:骨格のゆがみ

背骨の歪みや姿勢の悪さによって、顔の骨格までもが歪んでしまい顔が太ったように見えるもの。姿勢を正す、整体などを利用して、背骨の歪みを正すことが必要。

 

⇒銀座スッキリ整体サロンにて対処可能

 

以上のように、顔が大きい原因はそれぞれ異なります。
原因に合わせて、エステ選びを行うようにしましょう。